うつチェックで分かるかも【うつ病を見極める情報満載】

女性の横顔

気分が乗らない時は

海と男性

現代人がかかりやすい病

日本で罹患者が増えている病気は生活習慣病だけではありません。うつ状態が続くうつ病も多くの方が病院を受診し治療を受けているという現状があるのです。発症する原因は人それぞれ違いますが、発症しやすい状況として不規則な生活による疲労の蓄積があります。毎日遅くまで働いて睡眠時間がきちんと取れない状態が続いているとうつを発症しやすいと言われています。その他にも精神的なストレスや不安感なども原因となりますし、子供の頃の環境が大人になってから影響してくることもあります。また、他の病気の症状として二次的に現れるうつ病もあり、その場合は元の病気をしっかり治療していくことが大切です。自分や家族がうつではないかと気になった時は自分でチェックすることもある程度は可能です。不眠や倦怠感は代表的な症状です。それに加えてやる気が全く出なかったり、趣味が楽しめないといった精神的な症状もあります。症状が重くなると消えてしまいなどの希死念慮が生じることもあります。この場合は一刻も早く病院を受診するようにしましょう。周りの人にこういった症状が見られる時は慎重に対処し、適切な治療が受けられるように対応することが求められるでしょう。

治療は気軽に受けましょう

うつ病かどうかをチェックして症状に当てはまっても病院に行くのは抵抗があるという方もいるでしょう。ちょっと不眠が続いているだけだから大丈夫と放置していると、悪化してしまうこともあります。チェックして当てはまることが多ければ、気軽に精神科を受診することをおすすめします。最近では心療内科も広く知られるようになっています。心療内科はメンタルが原因で起こる消化器系などの内科的な症状を治療することを目的としており、うつ病の治療を受けることもできます。うつ病は食欲不振や過食などの症状が出ることも多いので、こういった症状に思いあたる方も受診してみましょう。うつ病のチェック項目は誰にでも当てはまるようなことも多いものです。受診するべきかどうかを判断する時は、その症状が長く続いているかどうかということに注目してみましょう。一時的に気分が沈むことはよくあるものですが、その状態がいつまでも続いて家事や仕事がうまくできなくなっているのであれば要注意です。不眠や疲労を放置しているとますます体力が落ちて症状は悪化してしまうことも考えられます。早めに受診して不眠を解消するだけでも快調を取り戻せることもあるので、無理をせず気軽に病院へ行きましょう。