うつチェックで分かるかも【うつ病を見極める情報満載】

女性の横顔

簡単に診断できる方法

看護師

診断結果による判断

うつ症状は、ストレスを強く受け続けることで発症しやすくなります。誰にでも起こり得る症状で、うつ病になってしまうと専門的な治療をしない限り、どんどん辛くなってしまいます。うつ症状が出ているのに気づかない人は、それを受け入れようとする余裕がありません。しかし、これを受け入れることで症状に前向きになっていけるので、疑いのある場合は特に要注意です。このようなうつ症状に気づくきっかけになれるのが、チェック診断です。この診断はサイトが多数存在し、医療機関などが提供しています。複数の質問に答えていくだけでその診断結果が出されるチェック方式ですが、それによって自分の精神状態を知ることができます。うつ症状の疑いがあっても、なかなか受けれられない人には最適な方法なのです。この診断方法で症状の疑いのある結果が出たときは、専門病院での受診をすることがお勧めです。チェック診断は治療のきっかけにもなってくれるので、この診断結果を医師に判断してもらうこともできるのです。しかし、疑いがある結果が出たときに、自分でうつ病だと判断してしまってはよくありません。このチェック診断は疑いを見ていく方式であって、正式な診断ではないからです。正式な診断は、診察によって医師が判断していくものです。そのことを理解した上で、チェック診断を行っていくことが大切です。

普段の気持ちを確かめる

このチェック診断には、専門家による監修で作成されたものがほとんどです。日ごろの状態を細かく質問していく内容となっていて、その答えをまとめたものが自動的に結果として出されます。ネットを通じてどこでもすぐにできるので、気軽に確かめられる方法として人気です。チェック診断による具体的な質問には、自分に対する自信や悲観的な状態を確かめることなどがあります。例えば、自信について問われる質問には、3〜5段階に分かれてその気持ちを挙げているので、より近い気持ちにチェックしていきます。「自分は何事も大きな自信を持っている」という気持ちや、「常に自信がない」という気持ちもあります。その中間となる気持ちももちろんあり、微妙なところにまで質問は迫ります。こうした質問に答えていくことで、自分の日ごろの気持ちに向き合っていくことになります。このような質問内容は、うつ病の典型的な症状を細かく挙げていったものです。マイナスな気持ちに多く当てはまるようならばうつ病の疑いが強くなり、それと反対であれば疑いも薄くなります。疑いが薄ければ安心できますが、それが強い場合はそのままだとさらに症状が進んでしまう可能性も考えられます。その場合は診断結果をそのままにせず、専門病院にて1度診てもらうことが最善です。チェック診断はそのために存在し、多くの人の健康状態を守る役割もあるのです。